• ホーム
  • ネキシウムで健胃を目指してげっぷ解消!

ネキシウムで健胃を目指してげっぷ解消!

2019年08月15日
お腹を抑える女性

げっぷが頻繁に出る人は、胃に何らかの症状が出ていることがあり、胃酸が多かったり胃潰瘍なども考えられますし、げっぷとともに胃酸が食道に出てきてしまい炎症を起こす逆流性食道炎になっている場合もあります。
胃酸が食道に穴をあけてしまう前に、胃の状態を改善していく必要があります。
病院で処方されるネキシウムは胃酸が多く逆流性食道炎になっている人や胃潰瘍などの状態に効き、胃酸を抑えたり胃潰瘍の原因の一つヘリコバクター・ピロリ感染の時にも有効性があります。
早期に治療を始めれば健胃を目指すことも可能で、げっぷの不快さも取り除けます。
病気を放置してしまうと、徐々に食欲も衰え体重が激減してしまいます。
体力も落ちて風邪や他の病気を患いやすくなってくるので、ネキシウムで改善してくれば食欲も戻ってきます。
ネキシウムを服用中は、他の健胃薬を飲まないようにしましょう。
同じ作用の成分が体内で多くなってしまうと副作用が出る心配があるためです。
成分が過多になったことで、余計に胃を荒らす結果になる場合もあるため、併用しても大丈夫だと医師から言われた薬以外は一緒に飲まないようにし、体の負担をか減らします。
治療中は、消化に良い食事を食べるようにすることも健胃に繋がります。
油が多かったり消化に時間がかかってしまう食べ物はなるべく避けるべきですし、良くかんで消化を助けることも不可欠です。
状態が良くなるとたくさん食べてしまいがちですが、多く食べるとまた胃液の分泌が促進されてしまいます。
子供が頻繁にげっぷを出すからと、大人に処方されたネキシウムを飲ませることが無いようにしなければなりません。
小児の安全性はまだ未確立なため幼い子供には飲ませず、医師に診てもらって適切な薬を服用させましょう。