公開履歴
お腹が痛い女性

胃酸過多とは文字通り胃酸の分泌が過剰になった状態をいいます。
これは20代から30代に多くみられる疾患です。
この胃酸過多によって、逆流性食道炎、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが引き起こされる可能性があります。
また胃や食道の炎症が慢性的に続いてしまうと胃がんや食道がんとなってしまう可能性もあり、早期に胃腸薬などで胃酸過多を改善する必要があります。
胃酸過多は様々な原因によって起こります。
ストレスなどによる自律神経の乱れ、カフェインやアルコールの摂取などが原因で起こります。
この胃酸過多の症状としては、胃のムカムカ、胃もたれ、胃の痛みなどが挙げられます。
胃酸過多の症状を抑えるためには胃酸の分泌を抑える薬が用いられます。
これにはプロトンポンプ阻害薬、H2ブロッカーが挙げられます。
H2ブロッカーよりプロトンポンプ阻害薬の方が胃酸分泌を抑える効果は強く、そのため多く使用されています。
プロトンポンプとは胃酸分泌を直接引き起こすもので、そこにはH2受容体、ガストリン受容体、アセチルコリン受容体が存在します。
これらの刺激によってプロトンポンプは胃酸分泌を引き起こします。
つまりH2ブロッカーではガストリンやアセチルコリンによる胃酸分泌を抑えることができません。
ですからプロトンポンプ阻害薬がより強力に胃酸分泌を抑えることができるのです。
プロトンポンプ阻害薬の中でもネキシウムはスーパーPPIとも呼ばれるほど作用が強力です。
ネキシウムは古くからあったプロトンポンプ阻害薬であるオメプラゾールを改良した薬です。
オメプラゾールはラセミ体でS体とR体ではS体の方が作用が強力であるためS体だけを取り出し、より効率的な薬としたものがネキシウムなのです。

記事一覧
胃腸に効くネキシウム漢方のクラシエと消化器系市販薬

ネキシウムは主に、胃などの消化器系疾患の治療薬として使われています。胃潰瘍や吻合部潰瘍、逆流性食道炎の他、十二指腸潰瘍の治療などで活躍します。ネキシウムを服用するには、病気によってその量や服用する期間が異なってきます。胃潰瘍や吻合部潰瘍、逆流性食道炎の場合には、ネキシウムを1日に1回、20mgの量を

2019年09月18日
ネキシウムで健胃を目指してげっぷ解消!

げっぷが頻繁に出る人は、胃に何らかの症状が出ていることがあり、胃酸が多かったり胃潰瘍なども考えられますし、げっぷとともに胃酸が食道に出てきてしまい炎症を起こす逆流性食道炎になっている場合もあります。胃酸が食道に穴をあけてしまう前に、胃の状態を改善していく必要があります。病院で処方されるネキシウムは胃

2019年08月15日
ネキシウムはピロリ菌除去もできる薬

ネキシウムはピロリ菌の除去を補助する役割があります。ネキシウムを服用して、定期的に病院で内視鏡検査を受けることで、ピロリ菌が減っていることが確認できます。ピロリ菌とは、胃の中を好み壁を傷付ける最近です。かつては胃の中は胃酸によって常に強い酸性が保たれているので細菌は住めないと考えられていたので、ピロ

2019年07月27日
ネキシウムは毎日服用しないと効果が出ない

ネキシウムとは酸分泌抑制効果のある薬で、胃酸の分泌を抑える事で胃酸が与える悪影響を改善します。そのため、胃酸が原因で引き起こされる胃潰瘍や逆流性食道炎の治療を早め、胃痛や胸焼けといった症状を和らげます。胃酸が食道に漏れだす事で引き起こされる逆流性食道炎などを治療するには、心身的な問題で通常より多く分

2019年07月10日